ごあいさつ

Greeting from Nishihara

 

私たちの理念

Our Principle

西原育英文化事業団(Nishihara Cultural Foundation、以下NCF)は、1910年代より水処理事業を通じて、環境問題に取り組んできた「西原グループ」の一員であることから、環境問題に関する研究を志す学生を応援することを目的に、誕生いたしました。

この奨学金をつうじて、一人でも多くの有望有志の学生が、研究者として成功されることを願っております。

私たちが目指すこと

Our Vision 

  1. 環境研究に対する総合的支援を目指しています。「適切な」「過不足のない」奨学金を提供します。
     

  2. ポテンシャル(潜在的能力、可能性)に富んだ学生ヘの援助をします。
     

  3. 学生が自分で奨学金額を決定し、自己の責任において返済を行い、また、自己の判断によって返済猶予・免除申請をする「自主管理」をモットーにしています。
     

  4. ネットワークの構築も、大切な要素です。研究者を志す学生への経済的な援助にとどまらず、人的援助・情報の提供も行います。毎年夏には、Summer Campも行い、OB/OGの交流も行っています。

 
 

私たちの歴史

Our History 

NCFは、株式会社西原衛生工業所、株式会社西原環境衛生研究所(現株式会社 西原環境)創業者、西原脩三の死後、その遺産を基盤として1965(昭和40)年に設立された財団です。設立当初は奨学金貸与と、「いするの家」の管理運営を主な事業としていました。

当時の民間奨学金には「ひも付き」(出資企業への就職等)が少なくなかったなかで、学生のキャリア、選択肢を絞らないところに特徴を有していました。また、当時の理事には西原脩三、穂積五一、評議員には岡崎嘉平太坂田道太前川国男館脇操らが就任していました。

その後、1966(昭和 41)年には「財団法人西原育英文化事業団」となり、大学院生・大学生・高校生を対象とした奨学金の運営がスタートしました。

やがて、第一回夏期親睦会の開催につづき合宿宿「軽井沢いするの家」(二代目)が完成しました。宿では毎年 Summer Camp が開催されるなど、奨学金を通じた人の交流も活発にしてまいりました。それからNCFは奨学金制度の改正、現在の「西原・環境奨学金」の設置を行い、現在に至ります。

 

2011(平成23)年には、公益財団法人へ移行。

就任役員

理事

久木原徹
小木曽友
西原彰一

評議員

監事